プリントして残すのはシンプルで安心な方法です

デジタルカメラは気軽に撮影を楽しめるので、撮影枚数が増えがちです。画像データをどのように保存するか、悩む人は少なくないようです。デジタルカメラ本体やメモリーカードに残したままにするのは避けて、早めに整理するようにしましょう。まずおすすめしたい保存方法は、プリントして残すことです。これは昔ながらの方法ですが、いつでも見られて、大量の写真を一度に失う危険が少ない方法です。プリントした写真の裏側に撮影日や場所、写っている人などを簡単にメモしておくと理想的です。

インターネット上への保管もおすすめ

写真の数が増えてくると、プリントして残すのは限界があります。そこで、大手インターネット企業やプロバイダーなどが提供しているクラウド技術を使った保管方法を試すのもおすすめです。これは企業が管理しているサーバーにインターネット経由で画像データを送信し、保管する方法です。アクセスに必要なID番号やパスワードを使えば、インターネット環境さえあればどこからでも画像を閲覧できます。友人や家族と画像を共有することもできますよ。

バックアップは必ずとろう

画像データの保管方法はいろいろありますが、どの方法を選ぶとしてもバックアップを必ずとるようにしてください。バックアップとは、データのコピーを作ることです。デジタルカメラの本体や撮影に使ったメモリーカードにそのままにするのはやめましょう。また、インターネット上に保管した場合も、トラブルによってデータが消える可能性はゼロではありません。大切な写真ほど、バックアップをとるのは必須だと考えてください。具体的には、外付けのハードディスクやDVDなどにデータを移すのがおすすめです。

フォトブックの人気のデザインとしては、親しみやすいカラーが用いられていたり、レイアウトにこだわりのあるものが特徴です。