結婚指輪は婚約指輪とは違う

結婚指輪の作成は一生に一度のことなので、気持ちが高揚します。しかし、その高揚にかまけて結婚指輪を作成する際にその常識の乏しさが曝露されないよう、必要最低限の知識は身につけておかなければなりません。まず、結婚指輪は婚約指輪とは違います。最近では結婚指輪を婚約指輪と一緒にはめることができるデザインで作成する場合もあるようですが、結婚指輪は結婚指輪として作成・準備するものだということをしっかりと認識しておく必要があります。

結婚指輪はシンプルなデザインが好まれる

中には、結婚が一生に一度のことだからと意気込んで、結婚指輪を大変豪華なものにしようとする人もいます。しかし、よく考えてみてください。人にもよりますが、結婚指輪は基本的に常時指にはめておくことが望ましいとされています。デザインを豪華にすると指に常時はめるには重過ぎますし、飽きが来るのも早くなります。そのため、結婚指輪は一般的にシンプルなデザインが好まれます。せっかく作ったのに、結局すぐに指にはめなくなったとなれば結婚指輪の意味がなくなってしまいます。

ベースはプラチナ、最近では個性を追求したものも

結婚指輪はシンプルなデザインに落ち着くため、婚約指輪と比較して安価で済む場合があります。しかし、長く着用するために丈夫な素材で作成するのが良いとされています。一般的にはベースはシンプルなプラチナリングで、そこに小さなダイヤモンドをはめ込んだりイニシャルを刻印したりします。最近では地金の高額化や個性を追求するために、ホワイトゴールドやピンクゴールドで結婚指輪を作成する場合もあるようです。実際に結婚指輪作成の依頼をする際には、こうした点に注意しておきましょう。

結婚指輪とは、結婚をしていという事を示すためにつける指輪です。一般的には左手薬指に着けていますが、文化によっては右手薬指に付けるこもあります。また毎日つけられるよう、デザインはシンプルな物が多いです。