屋上緑化とはどのようなものか

屋上緑化とは、建物の屋上に植物を植えて、緑を増やすというものです。たくさんのメリットがあり、地球にもやさしいということから、、利用している建物が多いです。とくに大きなビルや会社などでは屋上緑化を行っていると環境のことを配慮しているということで、消費者からすると、イメージのアップにも効果があります。屋上だけでなく、壁にも同じようにしたことを壁面緑化といい、どちらもとても、理にかなっているものであるといえます。

具体的なメリットとは

具体的に言うと、まずあげられるのは植物を植えることで直射日光を遮ってくれるため、建物が温まりにくくなります。その結果夏場などはエアコンを使うことが減るため、地球にやさしいということです。また植物なので光合成を行ってくれるため、二酸化炭素を減らしてくれる効果もあります。あとは、見た目の美しさです。植物の緑があると、人はとても癒されます。おいしい空気を吸って、きれいな景色をみるだけでも心が癒されます。

他にもこんなメリットが

他にも、大気中の汚染物質を植物は吸収したりしてくれます。きれいな空気になるということです。防音性を向上することもできます。保水力を高めることだってできます。植物があるということは、そこに小さな虫たちがあつまります。緑の減った都会では、生態系が崩れていることがあるんので、小さいながらこのような緑が増えることで生態系が回復します。このようにたくさんのメリットが屋上緑化にはあります。植物のすごさを感じることができます。

屋上緑化は植物の生育のために土壌の品質の維持や定期的な給水が必要になります。また、屋上に重みが加わるので建物の強度を向上させる必要も生じます。そのため、維持費が高額化しやすい点を注意します。